男女

税理士に相談しよう

男の人

経理担当者は一人で会社の経営をすることはできません。年末調整や決算時などには、とても大変になるからです。税理士や会計士といった士業に携わる人にアドバイスをしてもらいましょう。仕事の上でとても役立ちます。

税金相談をする

女性

相続税は一般市民にも関わってくる税金です。昔はお金がある人だけが支払っていたイメージがありますが、最近は相続税の基準が低くなり、一般の人であっても対象になるケースが多いのです。大阪では税理士事務所も多いので、相談しやすくなっています。

円滑に進めるために

男女

柔和に動かせる

親はいつまでも元気と限りません。年齢を重ねると寝たきりになったり、認知症を患う人もいます。そうなると、お金の管理も満足におこなえなくなり、資産を眠らせるだけでなく、最悪の場合は詐欺に遭う可能性もあります。お金の管理や処分・運用を円滑に進めるために、家族信託制度というものがあります。まだ認知度は低いこの制度ですが、後見制度よりも柔和にお金を扱えるようになるため、現在この制度の利用者が増えています。後見制度では財産保全が前提となるため、何か契約や事業などをおこなうたびに手続きが必要になります。また、複数の相続人がいれば争いのもとにもなりますし、事業をしているならなおさらとなるでしょう。その点を含めて、家族信託はすべてに対応しやすい制度であると言えます。

代理人に任せることも

特に事業継承においては遺産分割が非常に困難を極めます。株式や不動産などの譲渡・分割をおこなわなければならず、事業に悪影響すら及ぼす可能性があります。それらをスムーズにおこなうためにも、家族信託によって受託者を決めておくと良いでしょう。気になるが持つ債務の影響ですが、あくまで委託者の財産は受託者と隔離されているので、先々に何か問題があっても安心です。家族信託は信託監督人や受益者代理人を置くことができます。弁護士や司法書士などが取り扱っており、家族信託を得意とする弁護士も多いので、まずは安心して任せられる士業の人を探しましょう。代理人選定後も報告連絡義務がありますので、財産の把握は簡単にできます。

約3,000人もいます

レディ

名古屋で税理士登録されている人は、約3,000人もいます。3,000人もいれば、どこに依頼すればよいか判断がつかないため、取引先や身近な友人知人が契約している税理士に紹介してもらうことをオススメします。