男の人

税理士に相談しよう

男の人

知識を身につけられる

経理の仕事をしていると、多くの企業では税理士に出会えることがあります。各企業には顧問弁護士や顧問税理士などが居るからです。もちろん、毎日、やって来るわけではありません。決算の時など、定期的にやって来て、会社の経営状況などを見てアドバイスをしてくれることになっています。経理担当者にとって、税理士と一緒に仕事ができることは知識として身につけられるはずです。普段はなかなか学習できないようなことを、思い切って質問してみましょう。特に、税金対策などを考えている会社や、コスト削減などを考えている会社にとって、経理と税理士のやりとりは密であった方がいいものです。また、決算時はとても忙しくなります。士業に携わる人の協力なしでは乗り切れないので、しっかりとアドバイスをしてもらいましょう。

仕事の上で役立つ

各企業には、たいてい経理担当者が居るものです。しかし、たった一人では思うように業務を処理できないことがあります。年末調整の時期や決算時などは、特にそうです。そんな時のためにも、税理士や会計士といった士業に携わる人の存在が必要になります。顧問税理士、顧問会計士として携わってもらいましょう。実際に、多くの企業では信頼できる人と契約をしています。経理担当者も仕事上、いろいろと関わることがあります。日々の経理業務は行えるものの、それをまとめるとなると大変です。また、お金のことなので、1円でも間違えるわけにはいきません。税務署に申告する書類を作成するなど、いろいろと手続きも必要になります。この点を士業に携わる人たちに教えてもらいましょう。